【視聴率】マヂカルラブリーがV「M―1グランプリ2020」、鬼滅が惨敗する結果にwww

1: なまえないよぉ~ 2020/12/21(月) 09:09:19.04 _USER9
 「マヂカルラブリー」が第16代王者に輝いた漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2020」(後6・34)が20日、テレビ朝日系で生中継され、平均視聴率が19・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高視聴率を獲得したことが21日、分かった。

 決勝は、史上最多5081組を勝ち抜いたオズワルド、ニューヨーク、おいでやすこが、マヂカルラブリー、東京ホテイソン、アキナ、錦鯉、ウエストランド、見取り図の9組に、敗者復活戦で勝ち上がったインディアンスを加えた10組に争われた。6組が初の決勝進出というフレッシュな顔ぶれの戦いをマヂカルラブリーが制し、賞金1000万円を手にした。

 審査員はオール巨人(69)、上沼、立川志らく(57)、サンドウィッチマン・富澤たけし(46)、中川家・礼二(48)、ナイツ・塙宣之(42)、ダウンタウン・松本人志(57)=五十音順=が務めた。

 昨年は「ミルクボーイ」がファーストラウンドで過去最高得点となる681点を叩き出し優勝。平均世帯視聴率は関東地区17・2%、関西地区26・7%だった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/62daabdcbc63a88c700109ba52eadbc53aaef457

20201221001

続きを読む

-芸能

© 2021 2chまとめのまとめ速報 Powered by AFFINGER5