木梨憲武、新日と異色タッグ 新春恒例の東京D大会「特別プロモーター」就任“ドン・キナシ”

1: なまえないよぉ~ 2020/11/30(月) 07:26:44.24 _USER9
来年1月4・5日の新日本プロレス東京ドーム公演で「ドン・キナシ」として特別プロモーターを務めることになった木梨憲武(右)は、MV撮影でオカダ・カズチカと共演

 とんねるずの木梨憲武(58)が、新日本プロレスと異色タッグを組む。来年1月4、5日に行われる、毎年恒例の東京ドーム大会で「特別プロモーター」に就任。ボクシング界の名物プロモーター、ドン・キング氏(89)にちなんだ「ドン・キナシ」として、さまざまなコラボで大会を盛り上げる。

 サッカーや競馬に明るい印象が強い木梨。プロレスはあまり詳しくないが、本紙の取材に「1月4日までにはマニアになる。新日にとっても自分にとっても、新たな魅力を生み出してくれるコラボになることを期待したい」と語った。

 きっかけは、宇崎竜童(74)の名作をカバーした新曲「生きてるうちが花なんだぜ」が、テレビ朝日の地上波・CS両中継のテーマソングに決まったこと。宇崎と佐藤浩市(59)と3人で歌唱している人生賛歌。関係者と「歌詞の世界観とプロレスの熱気がピッタリだ」と話しているうちにコラボがまとまった。

 第1弾として、新日レスラーが登場するオリジナルのミュージックビデオ(MV)の撮影が行われ、木梨はドン・キング氏の逆立った白髪を強調したカツラを装着。「ヅラのダメ出しは2回した」とノリノリで、人気レスラーのオカダ・カズチカ(33)にヒザ蹴りを入れる“襲撃アドリブ”も出た。

 木梨は「終わったあとのメシ屋、飲み屋のプロモーターが本業」とジョークを交えつつ「新日ファンの方に仲良くしてほしい。2022年の創立50周年の際に切られないようにしたい」と本気。「デザイナーのドン小西さんと間違われたので、いっそコスチュームデザインを手掛けたい」など構想は膨らむ。

 「パワフルなドン・キナシさんに全て持っていかれちゃうかもしれないので、しっかり戦いたい」とオカダ。果たして本番での乱入はあるのか。注目だ。 

11/30(月) 5:30配信 
スポニチアネックス 
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d62df6276dbbbee89fdb697d33dd97a162bfd70

no title


続きを読む

-芸能

© 2021 2chまとめのまとめ速報 Powered by AFFINGER5